寄付はこちらから

寄付金合計(2017年6月末現在)

9,062,636,606

ご協力に感謝申し上げます

被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト

つなプロつなプロつなプロ

震災直後の混乱の中で、支援とニーズのマッチングが緊急課題に

震災直後から、宮城県石巻市をはじめ被災地には独自の得意分野を持つ支援団体が全国から数多く集まり始めた。しかし、具体的なニーズがつかめないまま現地入りし、惨状を目の当たりにして呆然としてしまう団体も少なくなかった。多くの支援を待ち続けた被災者との仲介を担うべき地元行政当局も混乱の最中にあり、支援とニーズのマッチングが緊急課題になっていった。

そうした課題解決のために生まれたのが、「被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト――『つなプロ』」だった。日本財団は、このプロジェクトをバックアップし、ニーズ掘り起こしとマッチングを支えた。

避難所で生活調査(アセスメント)を行い、結果に基づき支援団体とつなげる

「つなプロ」は、被災地でスペシャルケアを必要としている人々の支援を目指そうと発足した「スペシャルサポートネット関西」や、「せんだい・みやぎNPOセンター」などを核とした5つのNPOが連絡を取り合い、2011年3日14日、スタートさせた。

その時に掲げたミッションは「避難先でこれ以上の死者、状況悪化者を出さない」こと。そのため、避難所での課題・困りごとを“発見”した上で、その解決に有効な力を持つ専門機関やNPOと、被災者のニーズを的確に「つなげる」ことを目指した。

幹事団体の主要メンバーの年齢は30代半ば。1995年に発生した阪神・淡路大震災の時、主に大学生として震災を経験した人たちで、ミッション策定の背景には、阪神・淡路大震災時の反省と教訓が生きていた。

コアメンバーと関連団体はまず、日本財団ビルに集まり、プロジェクトの目的を共有。役割分担などを決め、3月17日には先遣隊となる調査班が被災地に向かった。調査班は早速、石巻、気仙沼両市内の避難所の状況をリサーチし、その後に予定していた避難所の生活調査のため、チェックシートの作成など、アセスメントの実施方法を練り上げていった。

3月末にはボランティア約100人が現地入りした。「つなプロ」のメンバーは、次々と応援を名乗り出てくれる全国のNPOやボランティアの力を借りながら、避難所のアセスメントを行った。

アセスメントの進め方は、全部で10人ほどいる「エリアマネジャー」が、担当するエリアの避難所をボランティアと共に訪れる。そこで調査し、その結果を持ち帰って集計するというものだった。

被災地の状況は日々刻々と変わっていく。季節も春から初夏へと移り行き、衣類や食料のニーズも、衛生環境なども変化していった。健康に不安を感じる人、子どもの教育や進路に悩む人、そして心のケアが必要な人――。被災地の状況や避難所の状態は、リサーチによって次々に可視化されていくこととなった。

避難所の困り事を発見し、被災者を支援団体と「つなげる」
65件のマッチングに成功。ニーズを定量的にとらえた初めての事例に

「つなプロ」では、活動開始から6月末日までに、宮城県内で延べ443の避難所へ378人のボランティアが訪問し、調査を行った。そして505件のニーズを発見、うち65件について支援団体とのマッチングに成功した(2011年4月末日)。避難所で次に起こりうる事態を予測して、広域でアセスメントを行うという新しい試みであり、ニーズを定量的に捉えた初めての事例ともなった。

ニーズのマッチングのほか、富士通のクラウドシステムを利用してウェブサイトでアセスメントの結果を週単位で公開、被災地の状況と課題について広く社会に向けて発信も続けた。このように、NPOと企業との協働の成果は大きかった。富士通をはじめソフトバンクやNTTなど多くの企業による協力があったからこそ、情報の収集や共有面において多くの成果を出すことができた。新しいスタイルの災害支援への取り組みとして多くのメディアにも注目された。

確認された505件のニーズのうち160件で、ニーズの詳細について再度の確認が必要だったことが分かっており、アセスメントの精度向上など課題もある。しかし「つなプロ」の活動は、大規模災害においてNPOが果たしうる新しい支援のあり方を提示したといえる。

プロジェクトデータ

  • 事業名
    被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト
  • 実施団体
    (特)せんだい・みやぎNPOセンター
    (般財)ダイバーシティ研究所
    IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
    スペシャルサポートネット関西
    (特)ETIC.
    日本財団
  • 期間
    2011年4月~ 2012年3月
  • 場所
    事務局・仙台市(気仙沼市、南三陸町、石巻市、多賀城市など同県北部を中心に計10ヵ所程度を拠点とした)
  • 拠出総額
    7,450万円
  • 関連URL
    つなプロ
go back to top
© 2017 ROAD PROJECT | 日本財団. All rights reserved.